誕生日にプリザーブドフラワーは如何ですか?

プリザーブドフラワーが日本に渡って来た背景

日本に渡って来た背景 プリザーブドフラワーは、生花から水分を抜いて着色液を入れるという特殊な加工を施すことにより、生花の状態では長くても一週間程度しかもたないものを長期的に保管することができるようになったものです。
近年では、日本でもフラワーギフトの一つとして多く利用されています。
プリザーブドフラワーは、1991年にフランスのヴェルモント社が発表をしたのをきっかけに世界中に広まり、日本では遅れながらも大地農園が最初に手掛けたとされています。
欧州では10年もの長期間の保管が可能とも言われていますが、湿気に弱いことから高温多湿な気候でもある日本では一年から二年ほどの期間で楽しむことができるものとされています。
今日ではさまざまな花に利用されていますが、もともと薔薇の花をメインとして生産されていたものであり、赤道直下の温暖な気候のエリアで豊富な種類が育つ薔薇を日本の寒いシーズンでも楽しむためには、プリザーブドフラワーは活躍をするフラワーギフトになります。

プリザーブドフラワーの良さはメンテナンスが簡単

プリザーブドフラワーの良さはメンテナンスが簡単 プリザーブドフラワーの良さは水やりをしなくてもいいことです。
プリザーブドフラワーは生花を特殊な液体に漬けて水分を抜いているので、水やりをしなくても長く保ちます。
花を長持ちさせるものとしてドライフラワーにする方法もありますが瑞々しさは失われてしまします。
ですが、プリザーブドフラワーは生花と同じくらい瑞々しくて柔らかい質感なのも良さの一つです。
ただ置き場所には注意が必要です。
高温多湿なところだと漬けていた液体がしみだしてきたり、花びらが劣化してしまったりします。
強い光が当たると色あせしてしまうので、高温多湿なところや直射日光などの強い光が当たるとこを避けて置いておけばより長持ちします。
このようにプリザーブドフラワーの良さは水やりなどのメンテナスをする必要がなく、生花のような瑞々しさがあることです。
もしホコリがたまって気になるときは、化粧ブラシのような柔らかいブラシで優しくホコリを落とせばキレイになります。

Copyright © 2016 誕生日にこの花を all rights reserved.