誕生日にプリザーブドフラワーは如何ですか?

記憶に残るような演出をしたいならプリザーブドフラワー

生花だと長く飾って置けない為にサブになりがち… 枯れない花として有名なプリザーブドフラワーは特殊な液の中に沈め水分を抜いて加工された花で、長期間生花の美しさがそのまま保たれる画期的な技法です。
生花そのものと遜色のない出来栄えで、水分を抜いて加工してあるにも関わらず瑞々しい姿と柔らかな質感は加工前とまったく同じ。
水を与える手間も要らないので、お手入れしてあげるのもラクラクです。
ただし湿気や直射日光には弱く、生花に比べると破損しやすいという欠点はありますが、保存状態さえ良ければ10年ほど劣化することなく保つことも可能です。
長期保存が可能な点から、ウェディングブーケや記念日のブーケにプリザーブドフラワーをチョイスされる方が多く、最良の一日をプリザーブドフラワーとともに記憶に残せる華やかな1品となっています。
お祝い事のプレゼントやお見舞いの花としても人気があり、小さな1輪から大きな花束、雑貨に組み込まれたアレンジメントまで幅広く親しまれています。

ずっと楽しんでもらえるプレミア感がある

水やり不要のプリザーブドフラワーは色彩もそのまま 特別な日の贈り物に花束をプレゼントするのは定番です。
喜んでもらえるプレゼントですが生花の場合は水換えをしたり、手入れをする手間がかかる他時間が経つと花が散ってしまいます。
プリザーブドフラワーは生花の瑞々しい美しさを半永久的に保つことができる枯れない花です。
部屋のインテリアとして飾ることが多く、バラやランといった高級花から好きな花を新鮮な形でいつまでも楽しむことができるのが魅力です。
プリザーブドフラワーは手入れをする事がないためどんな人にでも喜んでもらえる花のプレゼントにすることができます。
デザインなどを好きな形に施すこともできるので、ゴージャスなプレミア感があるオリジナルを作ることができます。
プレゼントされた豪華な花束やウェディングブーケなどをプリザーブドフラワーにしてずっと楽しむ方もいらっしゃいます。
生花として楽しんでプリザーブドフラワーにして長期間楽しんでと2回楽しむこともできるのです。

Copyright © 2016 誕生日にこの花を all rights reserved.